あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

伊藤小坡(いとうしょうは)

日本画家。1877年(明治10)生まれ。三重県宇治山田(現在の伊勢市)出身。本名:佐登(さと)という。三重県猿田彦神社宮司宇治土公(うじとこ)貞幹の長女。

幼少の頃より古典文学、茶の湯、柔術を習い、明治24年頃から新聞小説の挿絵を竹紙に模写し始める。明治28年頃には四条派の流れをくむ郷土の画家、磯部百鱗に師事し歴史人物を好んで描いた。明治31年には画家になることを決意し京都に出て、森川曽文に師事し「文耕」の雅号をもらうが、曽文が病に倒れたため歴史画を得意とする谷口香嶠に師事し、「小坡」の雅号を受けている。昭和に入ると小坡の美人画は当時の風俗を主題にしたものから、歴史や故事に想を得たものが多くなるが、その変化を可能にしたのはこの頃の研鑽があったからに他ならない。

明治38年に同門の伊藤鷺城と結婚。大正4年には第9回文展にて「制作の前」が初入選で三等賞を受賞。上村松園に次ぐ女性画家として一躍脚光を浴び、大正6年には貞明皇后の御前で揮毫を行なう等画家として、充実した生活を送る。この頃の作品では、第10回文展入選の「つづきもの」や第12回文展入選の「ふたば」のような、普段の何気ない生活の一場面を女性として、また妻としての視点から描いた作品が見て取れる。大正という時代にあって、家庭に入り家事や子育てに勤しみながら絵を描き続けることには大変な苦労があったと思われる。しかしながら小坡はそれをものともせず、逆に男性作家や家庭を持たない女性では気付くことのできない視点を取り上げることによって、現代に生きる我々が見ても親しみを感じることができる日常風俗を描写することができたのである。

大正4年に師である谷口香嶠が没して以降、独りで創作活動を行なっていた小坡であるが、昭和3年に竹内栖鳳が主催する画塾である竹杖会の一員となり、第9回帝展に「秋草と宮仕へせる女達」を出品している。この作品は平安時代の風俗をもとに、7人の女性の周りに沢山の秋草が配されており、古典的な表現を用いて描かれている。「琵琶記」を制作した頃から続けられてきた日常風俗を主題として描く画家から、歴史・物語を主題とした女性像を描く画家への転換がこの作品により完成する。

このような歴史風俗や人物から取材した作品は、晩年の小坡作品の多くを占めるようになり、描かれた凛とした美しい女性は見る者を引き込む強い世界観を画面の中に作り出している。小坡は昭和43年に90歳という長寿を全うし、この世を去った。小坡の画業を語る時、明治大正期の日常風俗を主題にした作品と、昭和期の歴史風俗や物語を主題にした作品とに大別することができるが、それはあくまでも表面的な表現方法の違いでしかない。全ての作品の中にある小坡の人間に対する視線はいつの時代でも一貫しており、その視線を通じて描き出された人物像の存在感こそが小坡作品の魅力である。

平成8年に出身地・三重県伊勢市宇治浦田に「猿田彦神社小坡美術館」が開館。

上記以外の主な作品に「花の頃」、「紅の頃」、「春秋(山路の春図)」、「春秋(菊の線図)」、「初秋の夕」、「嵯峨野の月」、「紅葉の頃」、「麗春」、「菊綿」、「晩秋」、
「猿田彦神社御造宮地鎮祭の図」、「御室の花」、「涼宵」、「観桜美人」、 「列女 形名の妻」、「伊賀のつぼね」、 「乳人浅岡」等多数ある。

 

 

この作家の作品