あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

久保嶺爾(くぼれいじ)

久保嶺爾は1940(昭和15)に京都市で生まれた日本画家である。

師は下保昭であり、1962(昭和37)に京都市立芸術大学日本画家を卒業と共に同大学大学院へ進学。同年に日展へ初出品、初入選を果たして以降毎年日展へ出品するようになり、大学院修了後数年のうちに日春展・京展・関西展への出品作がいずれも入賞、京都府や外務省買上となる。1975(昭和501)には日展会友に推挙、1986(昭和61)には日展特賞受賞と若くしてその才能を開花させ認められてきた。

主に風景画、中でも森や湖、山といった自然の四季折々の情景を多く描き、淡い色使いと非常に繊細な筆致によって生み出される高い写実性と静かで幻想的な世界観は他の追随を許さないものである。

現在、京都日本画家協会会員、京都造形芸術大学非常勤講師、毎日文化センター日本画講座講師など後進の指導にも尽力し、チャリティー美術展への出品も行うなど日本画を通して幅広く活躍している。

 

この作家の作品