あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

三栖右嗣(みすゆうじ)

三栖右嗣は、1927(昭和2)に神奈川県で生まれた洋画家である。東京藝術大学の安井教室で油絵を学び、1952(昭和27)に同大学を卒業。1954(昭和29)に一水会展へ出品するも、1960年から約10年に渡り作品の発表をせず、映画看板の制作などを手掛けながら自らの境地を極めるべく鍛錬を重ねて過ごす。

1970年代からは無所属のまま個展を開くようになり、1975(昭和50)に沖縄海洋博覧会「海を描く現代絵画コンクール展」で「海の家族」(沖縄県立博物館蔵)が大賞を受賞。同年に読売新聞社主催で「大賞受賞記念 三栖右嗣展」が開催される。その翌年には第19回安井賞展に「老いる」(東京国立近代美術館蔵)を出品、安井賞を受賞。当時は皇太子殿下であった今上天皇陛下より依頼され「沖縄の海」を制作、東宮御所蔵となった。

他の画家の追随を許さない圧倒的な写実性の高さは自他共に認めるところであり、筆致の正確さのみならず色使いにおいても一瞬は写真と見紛うほどであるが、その明確な色彩こそが作品をただの「模写」ではなく対象物の持つ生命力や存在感を際立たせた「芸術」へと昇華させている。また、三栖自身が「世界で認められなければ存在する意味が無い」として1979(昭和54)にスペインのマドリードにて個展を開催、大好評を博す。制作活動においては油彩のみならず、1981(昭和56)刊行の石版画集「林檎のある風景」を代表とするリトグラフ(石版画)も多く手掛けた。晩年には、緞帳の制作や三栖の代表作の一つである500号の大作「爛漫」も制作した。

2010(平成22)4月に82歳で逝去。その2年後、埼玉県川越市にヤオコー川越美術館(三栖右嗣美術館)が開館している。

 

この作家の作品