あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

中尾淳(なかおじゅん)

(1917年-)

徳島県出身。京都絵画専門学校卒。寺島紫明に師事。無所属。

どの団体にも属さず現在まで活動を続けてきたため、目立った賞などは受賞していないが、
現代美人画の雄として日本画壇に名を示す。

伝統的な日本画の技法を踏まえ、装飾性の高い作品は見る者を魅了する。
透き通るように白い肌、艶やかな着物に髪飾りを付けた美しい舞妓、
氏の描く美人画は、繊細、淡麗さを独自の色彩感覚で表現しており、
日本人の高い美意識を感じさせてくれる。
現在は個展を中心に活躍中。
印名は「淳」など。

この作家の作品