あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

坪内滄明(つぼうちそうめい)

本名、坪内完剛(つぼうちさだよし)1939年-2006年

愛知県生まれの日本画家。

日本画の伝統的、多様な技法を身につけ、日本の自然の美しさを再生する風景画を得意とするほか、花鳥画も描いた。

挿絵画家である中村岳陵に師事し、1960年には日展初入選。

その後も日展、新日展で特選・白寿賞や菊花賞、日本芸術院賞等を受賞し、

1981年には文部大臣賞を受賞。

1991年には日本芸術院会員に推挙され、日展評議員、日展常務理事なども勤めた。

 

この作家の作品