あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

木村圭吾(きむらけいご)

1944年京都府生まれ。中学時代から画家を志し山村眞備に入門、高校卒業後は山口華楊に師事
1974年 シェル美術賞展佳作賞受賞
1987年 滋賀県立近代美術館にて個展開催
1989年 東京セントラル絵画館で個展「桜花の譜」
1991年 富士を仰ぐ静岡県駿河平に画室を構える
1992年 箱根・成川美術館にて「ほとばしる生命のたぎり」木村圭吾展開催
1993年 この年より両洋の眼展に出品
1994年 光が丘美術館にて個展開催
1996年 富士美術館にて個展開催。 倉吉博物館菅楯彦大賞展市民賞受賞
1999年 増上寺天井絵出品。 翌年にかけて全国7箇所を巡回する個展開催
2001年 平安時代創建の大阪の名刹・法楽寺の障壁画完成
2002年 薬師寺に散華奉納
2003年 「木村圭吾さくら美術館」(静岡県長泉町)開館。※2008年閉館
2006年 カンヌ市・静岡市姉妹都市15周年記念特別展「天と地 日本画家木村圭吾の世界展千年桜と聖龍」

木村圭吾は、男性的で大らかな画風で知られる日本画家である。生命の不思議をたたえた桜や、絶壁の岩盤がみせる非常の美しさを描く画家としてその名を知られている。

「思えば京都東山に育ち、近くの水晶がとれる山でクワガタやカブト虫取りに熱中した少年時代から私の宇宙観は芽生えていたのかもしれない。捕まえたい虫のそばには必ずムカデなどの怖いものもいる。でも生命は皆、お互いにつながっている。ムカデがいなくなるような環境では不思議にクワガタやカブト虫も姿を消してしまうのだ。」

この自然観が木村圭吾のその後の創作活動の原点となる。

幼い頃から動物や松、岩などの自然を描き、いつしか桜の妖艶さや樹齢1000余年もの古木に毎年花を咲かせるエネルギーの中にひとつの生命観を知った。

舞い散っていく光と花びらの中に生命のたくましさをとらえていくこと、これが彼のライフワークとなっている。日本全国を巡り、名木・古木を描く、その作品は多くの人々の心をとらえ、「圭吾桜」と呼ばれている。

 

この作家の作品