あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

ブログ

何でも揃う世の中ですね

2015/01/09

新しい年になって気付いたことがありまして。

 

父、還暦!!

 

自分が歳を取った分、当然親も歳を取るわけで。

私の父は気が若くミーハーで、仕事も当分辞めそうにないので

正直に言って「還暦」という言葉がちっともピンとこない人なのですが、

だからってスルーしてはいかんだろうと思いまして。

父の誕生日はまだまだ半年以上先ですが、

そうこうしているうちに月日は流れてしまうので

善は急げと弟に相談し、家族集まって食事会でもしようという話になりました。

 

弟と話し合っていたら赤い頭巾とちゃんちゃんこの話になって、

母曰く、父は「そんなもん要らん!」と言っていたらしいですが

なぜか弟がノリノリで「えっいいじゃん用意しようよ!」と言い出し。

「せっかくだからちゃんと一式揃えようぜ!」とやる気満々なので、

実際に売っているものなのかどうか、ネットで調べてみました。

そしたら、あるんですね、やっぱり。

しかもAmazonでも楽天でも他でも色々・・・。

さらに一式揃えて1,980円とかで買えてしまうお手軽さ。びっくりです。

私てっきり、呉服屋さんとかでしか売ってないか、

最悪自分で縫うしかないのか・・・と覚悟を決めていたのですが、

全然心配いらなかったようです。一安心。

個人的には、並びで売っていた「還暦パンツ」がちょっとツボでした。

金字ででかでかと「還暦」と書かれた真っ赤なボクサーパンツです(笑)

 

ということで、今日の一枚は牧進 『寿梅図』です。

007400

梅のつぼみが綻ぶのはまだまだ先でしょうが、

父へのお祝いの気持ちを込めて。

 

 

P.S.

このブログは、当画廊パート勤務のマポリンさんと私ナラリンが

交代で好き勝手に書いておりますので、

経営者のプライベートとは一切関係ございません。

何卒ご承知おき下さいませ。