あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

ブログ

楽しそう~

2014/10/29

今月、東京・新宿に、シンガポール発 アメリカ南部ルイジアナスタイルのシーフードレストラン
「DANCING CRAB(ダンシングクラブ)」の日本第1号店がオープンし、大きな話題を呼んでいる。

 

アメリカには古くから、シーフードを手づかみで食べる文化があったのだとか。

その文化を取り入れ、”Spicy”に調理されたシーフードを、皿もフォークも使わず、手づかみでワイワイ楽しく食べるという豪快なスタイル。

現地シンガポールでは、予約を取るのも困難なほどの人気を博しているとか。

気になるメニューはアメリカ南部で親しまれている「ケイジャン料理」をもとに味付けた蟹や海老、貝などをテーブルに広げて食す、シーフード料理。

シーフードをあえるソースは、辛さが選べる(スパイシーソース)や(バターソース)(チリソース)から選ぶことができるらしい。

 

もちろん手は汚れるけれど、店の中央には手を洗うためのスペースも用意されているみたいだし、
近いうちに東京に行く機会があればぜひ一度行ってみたいものだ。

 

ワイルドに、シーフードにかぶりつく!!

 

なんともたのしそうですね(*^_^*)