あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

ブログ

親と子の時間

2014/08/26

暑い、暑いといっているうちに40日あった夏休みもあとわずか。

 

我が家では夏休みの宿題の追い込み作業で親子共々日々いそがしい。

自由研究、読書感想文、工作等々

昔からお馴染みの課題はもちろんあるが、

6年生の宿題の中でおもしろい課題を発見した。

 

“朝食をつくってみよう!!”と題したこの課題は、

親子で工夫して朝食をつくるというもので、

まず、何をつくるかを決め、調理。

出来上がりを写真に残し、工夫した点を親子で話し合い記入するというもの。

 

我が家は”日本の心 和朝食!!”と題し、

みそ汁、ご飯、漬物、卵焼き、じゃこと大根おろし、味付けのり

のちょっぴりじじくさい朝食を作ることにし早速調理開始!!

息子がみそ汁。私が卵焼き。とメイン担当を決めあとは共同作業で・・・

マイペースな息子にイライラ、危なっかしい息子にハラハラしながらも

1時間程で完成!!

週末の朝、なかなか豪華な朝食を家族三人でおいしくいただきました。

 

 

親は仕事。

子は部活に塾。

と日々何かとすれ違いの生活になりつつあったので、

息子と時間を共有し、楽しく過ごせたことはなりよりでした。

 

宿題さまさまです。

 

5・6年生では家庭科の授業があるので、

家庭科の宿題なのでしょうが、

親も子も何かと忙しい今、

親子の時間を考えるという意味で素敵な課題だなぁと思いました。