あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

【2014.7.10】 藤田嗣治の足跡を追う旅~フランス編~ パリにて vol.1

2014/08/01

パリと言えば凱旋門を連想する方が多いと思いますが、

皆さんがご存じの凱旋門は正式には『エトワール凱旋門』といいます。

 

 

こちらよりも一回り小さく、その外観から『ピンクの凱旋門』と呼ばれる

『カルーゼル凱旋門』をくぐるとルーブル美術館の中庭へと続いています。

 

DSC02468

カルーゼル凱旋門

 

 

ルーブル美術館といえば、

フランスのみならず世界的に有名な美術館であり、

本来なら入館したいところでしたが、

大変広く、展示数も多いため、今回のスケジュールでは諦めざるをえず、

せめてもと思い、中庭に多数展示されているマイヨール作の彫刻を鑑賞し、

併せてマイヨール美術館へも足を運びました。

 

DSC02441  DSC02442 

DSC02458  DSC02453

マイヨール作 彫刻

 

 

『藤田嗣治の足跡を辿る旅』ではありますが、

藤田氏がフランスへ渡った頃には既に一流の彫刻家として活躍していたマイヨールの作品を、

恐らく藤田氏自身も目にする機会があったのではないかと思います。

 

なお、マイヨール美術館も藤田氏の作品を所蔵しているのですが、

残念ながら工事中だったため観ることが出来ませんでした。