あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

1 / 41234

版画とは

版画は印刷という間接的方法で表現する絵画の形式です。本来は同一画像を複数得るために工夫されたものですが、それぞれの技法の生み出す質感や効果のために製作されることも多く、また1点しか作品のできないモノタイプ版画monotype(油絵の具やインキでガラス板、金属板、石の板に図柄を描き、それに紙を伏せて刷り取ったもの)もあります。
近年は従来の版画の概念を越えた作品も多く生み出されており、その極端な例としては、鋳型を用いたものや、足跡、指紋によるものなどがあります。版画は一般に木版画、銅版画、石版画、シルクスクリーンのように版材によって記述されます。印刷形式によって凸版、凹版、平版、孔版の4種に分類できます。以下各種類と代表的な技法についてのご説明をいたします。

1.
凸版:インクを版上の出っ張った部分(凸部)に塗り、その上に紙をのせ、紙の上か ら圧力をかけて凸部のイメージをうつしとります。技法として木版画、リノカットが あります。

2.
凹版:版上のへこんだ溝の部分(凹部)にインクを詰め、へこみ以外の表面の余分な インクは拭き取り、紙の上から圧力をかけて凹部のインクを刷りとります。
【直刻銅板】銅や亜鉛の版材に鋭利な刃物で直接彫っていく方法で、主な技法にエン グレーヴィング、ドライポイント、メゾチントがあります。
【腐食銅板】金属が酸によって腐食する性質を利用して銅板にへこみを作ります。主 な技法にエッチング、アクアチントがあります。

3.
平版:版の表面は平らなままで、インクののる部分とのらない部分を作って転写しま す。リトグラフやコロタイプと呼ばれる技法があります。

4.
孔版:「孔」とは「突き抜けた穴」の意味です。布や型紙を利用してインクの通る部 分と通らない部分を作り、上からインクを紙の上に押し出すように刷る方法です。主 な技法としてシルクスクリーン、ポショワールがあります。