あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

小倉遊亀(おぐらゆき)

日本画家。1895年(明治28年)3月1日、滋賀県大津市丸屋町に生まれる。1913年滋賀県立大津高等女学校(現・滋賀県立大津高等学校入学、1917年、奈良女子高等師範(現・奈良女子大学)卒業。学生時代に絵を描くことに目覚め、横浜の高等女学校で教鞭をとるかたわら、安田靫彦に師事し、1926年に「胡瓜」が院展に入選する。1932(昭和7)年、女性として初めて日本美術院同人に推挙され、1938(昭和13)年、山岡鉄舟門下の小倉鉄樹と結婚する。同年「浴女その一」で日本の女流画家として初めて裸婦像を描き、画壇に新風を吹き込んだ。1955(昭和30)年、「裸婦」で芸能選奨美術部門文部大臣賞を受賞。1980(昭和55)年には上村松園についで女性画家として二人目の文化勲章を受章した。

小倉遊亀の作品は、身近にあるものに題材をとった人物画や静物画が多くをしめている。澄んだ色彩と骨太な線描、そこから生まれてくる明快な造形には、東洋的な精神性を重んじる日本美術院の伝統を引き継いだうえで、なお豊かな日常感覚に支えられた近代的な表現が明確に打ち出されている。遊亀の作品は対象に対する温かい眼差しを見る事ができ、生命の躍動感が感じられる。遊亀が本格的に活動をはじめた昭和初期は、明治以降の日本画が一つの頂点を極めるとともに、また新たな展開を求められていた。そうした時代をくぐり抜けて築かれた画業は、まさに昭和の日本画に新しい変革をもたらしたものとみることができる。

70歳を過ぎてからは梅を好んで取り上げた。「人間は年老いて老醜のみじめさを味あわねばならないが、梅は年老いて美にますます深みを増す」という言葉を残している。老いていく自分を鼓舞し、生きる勇気を与えてくれるのが梅の花だった。88歳の「つかのま」96歳の「咲きそろう」など年とともに遊亀の梅の作品は艶(つや)やかさを増していった。

2000(平成12)年、105歳にて死去。