あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

加山又造(かやままたぞう)

日本画家であり版画家。1927年(昭和2年)京都府に西陣織の図案家の子として生まれる。
子供の頃から画才を発揮し1949年(昭和24)には東京美術学校(現東京芸術大学)を卒業しその後山本丘人に師事。
日本画の伝統的美を持ちつつも現代的感覚あふれた革新的な描写で、新境地を切り拓いたと言われる。
その作風は時代ごとに新たな表現を求め変貌を重ねた事でも知られている。初期の頃には自然や動物画、そして裸婦、「現代の琳派」と称されその技法を現代風に活かし、晩年には水墨画にも挑戦。また、その活躍は絵だけにとどまらず版画に陶芸、宝石や着物等のデザインも行っていた。車のBMWのアートカーを創作したことでも話題になった。
身延山久遠寺本堂、天 龍寺法堂には天井画を残しており、その創作活動は多岐に渡っている。
代表作に「動物園」「春秋波濤」「千羽鶴」「月光波濤」「花」「黄山霖雨・黄山湧雲」「横たわる裸婦 ’84(黒衣)」等がある。
多摩美術大学、東京芸術大学では後進の指導にあたり東京芸術大学名誉教授となっている。
1997年(平成9年)に文化功労者として顕彰、2003年(平成15年)には文化勲章を受章。
2004年(平成16年)76歳で惜しまれながらこの世を去った。