あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

中村清治(なかむらせいじ)

1935年(昭和10)、横浜生まれの洋画家。58年(昭和33)、東京芸術大学油画科卒業。伊東廉の教室に所属し、学び、卒業制作で学内賞の安宅賞を受賞。卒業後はグループ展「大地」を結成して作品を発表。

銀座のギャラリーで初めての個展を開いてからは画壇や展覧会には出品せず、個展、グループ展を中心に作品を発表する。

中村清治の作品の特徴は、静物や風景などを独自の色づかいで詩情豊かに描いている点である。オーソドックスでトラディショナルな作風でありながら、フォルムの単純化、明暗を絶妙に使い分けたその色彩感覚に明快な色彩使いで描かれるマチエールはまさに写実的である。人物画を主に描き続けている中村清治は数々の名誉ある賞にも輝いていることで、日本の美術界に名を馳せている。

代表作は「ピンクのブラウスの婦人」、「ガラスコンンポートのある静物」、「椅子に座った婦人」、「薔薇のある卓上静物 赤」、「フィレンツェ風景」、「シャトーのある風景」、「絵の前の裸婦」など。

2011年、11月、死去。享年76歳であった。