あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

那波多目功一(なばためこういち)

那波多目功一は、1933年(昭和8)に茨城県ひたちなか市(旧那珂湊市)に生まれた日本画家である。日本画家・那波多目煌星は父。

1950年(昭和25)、第35回院展に「松山」が初入選。この時、高校2年生であった。翌年、第7回日展に「秋影」が初入選する。

高校卒業後はサラリーマン,そして企業家の道を選ぶが,絵の制作はコンスタントに続けていた。1972年(昭和47)頃から松尾敏男に師事する。84年(昭和59)、院展で「うすれ日」が日本美術院賞・大観賞を受賞。日本美術院特待となる。86年(昭和61)の院展で「燿」が日本美術院賞・前田青邨賞を受賞。99年(平成11)年には前年院展に出品した「富貴譜」で日本芸術院賞を受賞,現代日本画壇において着実な地歩を固める。

那波多目は,牡丹をはじめとする四季折々の花々や風景を主な題材としている。写生に基づく繊細で優雅な画風が特徴である。対象と真摯に向き合い,その本質を捉えようとする厳しい態度から生み出されたそれらの作品は,写実を基礎としながらも,豊かな抒情性と香り高い幻想性をあわせ持っている。

上記以外の代表作品に「廃園」「小春日」「月輪」などがある。

 

 

 

この作家の作品