あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

棟方志功(むなかたしこう)

板画家。1903年(明治36年)青森県生まれ。
囲炉裏の煤で眼を悪くして以来、極度の近視となった。
少年の頃にゴッホの絵画に感動、芸術家を目指して1924年(大正13年)に上京し絵の勉強を続けた。
1928年(昭和3年)第9回帝展に『雑 園』(油絵)で入選。しかしその前から版画には興味があったようで、川上澄生氏の版画、「初夏の風」に感激し平塚運一氏を訪れ版画の道に入った。
1930年(昭和5年)に国画会に版画が入選して以降、版画を「板画」と表現し木版の特徴を生かした作品を多数作り出している。また、棟方の肉筆画の作品は「倭画」と言われており
国内だけではなく海外でも高い評価を受けている。
戦時疎開により1945年(昭和20年)富山県に移住し浄土真宗にふれた頃からは、仏を題材にした作品を多く遺している。「阿弥陀如来像」「蓮如上人の柵」「御二河白道之柵」「我建超世願」「必至無上道」等は特に有名である。
1955年(昭和30年)7月サンパウロ・ビエンナーレでは「釈迦十大弟子」が、「強くて 、歯切れ良く、そして濃い人間的情感を熱っぽく表現している」と称され版画部門最高賞を受賞している。
生気溌剌たる棟方の作品が新鮮な感動を与えたのだろう。翌1956年(昭和31年)ベニス・ビエンナーレには「柳緑花紅頌」「湧然する女者達々」等を出品、日本人初となる版画部門で国際版画大賞を受賞し
世界的版画家としての地位を築いた。
日本的、仏教的なものを主題にした作品が大半を占めており、板に眼鏡が付くくらい顔を近づけて何かに摂り憑かれたように全身で作品を作っていく姿勢は生涯変わらなかったという。
代表作に「御鷹揚げの妃々達々」「大和し美し」「東海道棟方板画」「板画奥の細道」「二菩薩釈迦十大弟子」等、著書には「わだばゴッホになる」がある。
1 975年(昭和50年)9月13日東京で永眠するまで、版画の他、油絵、倭画、書、詩歌など多くの傑作を残している。