あなたとアートをつなぐ、名古屋の画廊 松徳

前本利彦(まえもととしひこ)

昭和23年~

北海道に生まれる。

 

昭和49年多摩美術大学大学院を修了。在学中に新制作協会入選。

加山又造の指導を受ける。

その後も創画会に出品を続ける。

同51年村越画廊での個展で黒い裸婦像が注目され、同55年神奈川県展で大賞受賞。

同59年セントラル美術館日本画大賞展優秀賞受賞。

翌60年セントラル裸婦大賞展でも優秀賞受賞。

同63年中国北京中央美術学院研修旅行。

平成元年スイスパーゼルアートエキスポ出品。

裸婦、花鳥画、風景画に優れ、

洗練された技巧性で生命や存在への凝視と幻想をシャープに表現している。

 

現在無所属で個展を中心に発表を続けている。

この作家の作品